トピックス
2006.1.1 新年のご挨拶
2006.1.1 平成18年度林材業労働安全・衛生標語決定


新年のごあいさつ


平成18年の年頭に当たって

林業・木材製造業労働災害防止協会
会長 飯塚昌男

飯塚会長

 新年を迎え年頭のご挨拶を申し上げます。
 会員の皆様には、健やかに新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。
 また、日頃から労働災害防止活動に一方ならぬご尽力を賜っておりますことに厚く御礼申し上げます。

 昨年は、21世紀最初の万国博である「愛・地球博」が、地球環境問題と自然との共生を考える「自然の叡智」をテーマに開催され、多くの入場者を数えました。また、皇室では久々の慶事、紀宮様と黒田慶樹さんのご結婚という明るい話題がありました。
 このような中で、わが国経済については、企業収益の改善、設備投資の増加、個人消費の緩やかな増加に加え、依然と厳しさが残るものの雇用情勢の改善に広がりが見られるなど、景況感に明るさが見えています。

 林材業に関係する社会の状況をみますと、昨年は、2月に京都議定書が発効し、これに伴う対策の一環である地球温暖化防止森林吸収源10ヵ年対策の第1年目でもありました。今年は2年目に入り、森林の有する多面的機能の発揮及び林業の持続的かつ健全な発展に資する各種施策の前進を期待しているところです。幸い国民の間にも「地球環境」問題と「森林資源」の関係の理解が深まってきているように考えております。
 林材業界は、この地球温暖化防止対策の重要な一翼を担っており、社会の期待に応え、林材業の発展のためには、これを支えている労働者の労働環境の改善、特に安全衛生の確保は重要な課題であります。

 そこで、まずわが国の安全衛生に関してみますと、昨年のJR西日本福知山線の電車事故や近年のわが国を代表する企業での事故や災害の続発で、安全に対する企業の姿勢が問われたほか、アスベスト問題が大きな社会的問題となっています。このような状況の中で、昨年11月に労働安全衛生法が改正され、今年4月から一部を除き施行されます。
  今回の改正では、事業者による自主的な安全衛生への取組促進のため、危険性・有害性等に関する調査とその結果に基づく労働者の危険または健康障害の防止措置が努力義務化され、安全衛生に関するリスクアセスメントが事業場で効果的に実施されることがより一層重要な課題となりました。
 林材業の労働災害の状況は、長期的には皆様をはじめ関係者のたゆまぬ努力のおかげで減少してきております。しかし、昨年は、平成15年に過去最少であった死亡災害が増加傾向に転じ、また休業4日以上の死傷災害についても予断を許さない状況にあります。
 当協会としましては昨年度から、こうした状況に速やかに対処するため、「林材業におけるリスクアセスメント」の普及促進を最重点課題として総力を挙げて取り組んでまいりました。
 リスクアセスメントは、労働災害発生の要因となるものを芽の段階から取り除こうという手法であり、今までの災害防止のための対策を一歩進めたものです。この手法の導入は必ず林材業における労働災害の防止に大きな効果を発揮するものと確信しております。
 本年は、国の施策を踏まえつつ、本部・支部が一体となり、リスクアセスメントが事業者による自主的な安全衛生活動として導入されるよう普及促進に努めていくとともに、各種の労働災害防止対策を積極的に推進していく所存であります。

 林材業界は、日本経済が明るさを増す中にあっても依然として大変厳しい環境にはありますが、労働災害の防止は最優先課題であることを再確認し、本年も災害ゼロを目指し、事業体のトップ自らが先頭に立って行動し、労使一体となって安全で快適な職場環境づくりに取り組んでいただきますようお願い申し上げます。
 本年は、経済が拡大基調を続け、林材業界も歩調を合わせて活況を呈していくことを期待しますとともに、より一層林材業の職場が安全で災害のない明るい魅力ある職場となるよう努力していくことを誓い、平成18年の年頭のご挨拶といたします。


▲ページのトップへ


平成18年度林材業労働安全・衛生標語決定


 林材業労災防止協会で募集を行っていた平成18年度の林材業労働安全及び労働衛生のポスター標語が決定しました。
 この標語は、18年度の当協会の作成する安全・衛生ポスターに使用されるもので、審査の結果、多数の応募作品の中から、入選2点、佳作6点が選ばれました。


[入選]  
○労働安全 「危険の芽 リスクアセスで 摘みとろう」
  (埼玉県さいたま市 長谷川隆夫さん)
○労働衛生 「明るい職場 心と体の 健康管理」
  (山形県長井市 後藤幸蔵さん)
   
[佳作]  
○労働安全

兵庫県宍粟市・高津晴美さん
長野県上田市・杉浦晃さん
東京都小平市・春原唯史さん

○労働衛生

東京都青梅市・福島好吉さん
東京都檜原村・野口省子さん(2点)

   

▲ページのトップへ